育児くらしのハンドメイド

WOOL×WOOL+R×R

 "すみなすねっと"が企画をした「WOOL×WOOL」が無事に終わった。私は、残念ながら仕事の都合で初日しか行けなかったが、私が「ギャラリー庵」に伺っているお昼の1時間は盛況だった。女性が身につける作品なので、お客さまのギャラリー滞在時間が異様に長い。お客さまは、作家さんとお話をしたり、作品を手に取ったりととても楽しそうだ。みなさんの声もワンオクターブ高くなっているような気がする。次の仕事を抱えて、若干テンションの低い私は居場所がなく、作品をザッと観るにとどまった。手持ち無沙汰だったので、タバコを吸いに表に出ると一羽のカラスが・・・。

 皆さんはご存知だろうか?ギャラリー庵の前に消防署がある。消防署の屋上に年中カラスが来ることを・・・。私がギャラリー庵に居る時もこのカラスが来ていた。何をしに来ているのだろう?夏は、屋上の水溜りで行水でもしているのだろうか。今は秋だし、水浴びではないようだ。何やらしきりに鳴いている。このカラスは、妙に「R」の発音がよい。カラスといえば「アーアー」と鳴くイメージがあるが、このカラスは「アーアー」と言わずに英語圏に住んでいる人のような発音で「RR(アール、アール)」と言う。私は、このカラスがお気に入りである。みなさんもギャラリー庵に行かれたときは、このカラスを探してみてください・・・RR・・・どうやらイツモのように話が迷走しているようだ。

何が言いたいかというと、私は洋服にあまり興味がないので、ほとんど洋服を買うことがない。WOOL×WOOLの作品をみると「暖かいジャケットでも欲しくなった」と妻に言いたかっただけです。