育児くらしのハンドメイド

お留守番も悪くない

 2007年10月27日(土曜日)、今日はお留守番。すみなすねっとが企画する「宵のやきもの」の会期中、ギャラリー庵でお客さまをお出迎えする。山口市では、去年に続き山口アーツ&クラフツが開催されているため、実行委員である西村さんもそちらにかり出されている。防府市では、毎年恒例のつぼ祭りも開催されており、山口県内はイベントラッシュ。その影響からか、こちらのお客さまが極端に少ない。暇に乗じて読書・・・一息ついたときにギャラリーの扉が開く音がした。

 30代半ばの男性一名ご来会。何やらオーナーとお話を始める・・。この方は、広島で活躍されている大田一成さんという作家さん。私も自己紹介をして、作品を見せていただいた。写真をご覧になると分かりますが、作品は磁器。「食器にこだわり、やっと満足できる作品が創れるようになった」とご本人。白磁に青は、シンプルで清潔感がありとても良い!私は好きである。オーナーも一目で気に入って、来年の6月に個展を開くことがその場で決まった。ご本人も「こんなに早く話がまとまるとは・・・」と、少し驚かれている。確かに初対面から20分も経過していない。こういうやり取りは、傍から見てもとても気持ちがいいものだ。 結局、3時間ほど雑談をした。太田さんは、とても聡明で話をすると面白い。加えて作品に対する思いなど、言葉の一つひとつに説得力があるし、実行力もともなっている方だと思った。ご自身の作風を貫いて、こだわって悩んだことも作品にきちんと反映させる力があると思う。こういう方と話をすると、嬉しくなるし、応援したいと思うし、「こちらも頑張らねば!」という気になになる。

 太田さんは、作品づくりだけではなくブログ(http://otakaznari.exblog.jp)もされており、インターネットの知識も豊富。YahooやGoogleなどの検索エンジンのこともよくご存知で、私たちのホームページについても技術面や効果をご理解してくださっている。私たちのホームページに登録してもらえたら、きっとよい関係が築けると思った。

 本当はお留守番をせずに、アーツ&クラフツに行きたい。ぐい呑みのコレクションを増やしたい。今日は、その思いを我慢してお留守番をした甲斐があった。明日もお留守番をしていて、よい出会いがあったらいい・・・が、できればアーツ&クラフツに行きたいなぁ(-。-)y-゜゜゜

 余談ではあるが、文中に「ホームページの技術面と効果をよくご理解してくださっている」と記述した。ホームページやブログを持っている作家さんやギャラリーさんは少なくない。ただ、「そのページが有効に使われているか?」という視点で見た場合、もったいないページがたくさんある。

 今頃の閲覧者は、URL(例えば、http://www.suminasu.netという文字)を直接入力する人は、まずいない。検索エンジンの検索欄に、例えば「金子愛」と入力して上位に表示されたページをクリックしてページを閲覧する。ここで問題なのが、検索結果が上位になることは、それなりの対策をしていないと表示されにくいという点だ。このことを知っている方は、結構少ない。この対策のことをSEO対策(検索エンジンの最適化対策)という。この類の書籍はたくさん出版されているので、ご興味がある方は一読をお勧めしたい。このSEO対策は、思いのほか面倒である。ホームページ作成の知識が豊富でなければ、片手間でできることではないのだ。 さて、すみなすねっとでは、このSEO対策をちゃんとやっている。先ほどの例で言えば、「すみなすねっと 金子愛」と入力すれば、検索ページのトップに表示される。これは現在持っているページを有効に活用するという意味で、とてもインパクトがある。具体的には、閲覧者が最初にすみなすねっとの「作家紹介ページ」「ギャラリー紹介ページ」を閲覧し、リンクされている既存のページ(例えば、太田さんのブログ)を見るという動線が築けるからだ。煩わしいSEO対策を自分のページでしていなくてもよいのだ。

 これが、「ホームページの技術面と効果をよくご理解してくださっている」という意味。太田さんと話をしていて、私たちの努力をご理解してくださっているので、本当に嬉しく感じた。「これからも鋭意努力して、ホームページを賑わせていきたい!」と決意を新たにした一日であった(^◇^)