育児くらしのハンドメイド

Welcome Board製作vol.1


 僕が2006年秋に多分結婚することは、以前書いた。それが2006年11月3日に決まりました!!そんで、結婚の準備を進めるにつれ、Welcome Boardを作ることになった。「まだ先の話しだし、のんびり行こう!」と思っていたら、慎重派の彼女が何やら不安がっている(ーー;)。「まりっじぶるーというヤツかな?」と思いきや、そうではなくて、仕事の合間を縫って準備をしなければならないことに憂鬱な様子。これはいかん!問題は、一つひとつ丁寧に片付けなければならない!!!ということで、Welcome Boardからヤッツケルことにした。
 
   
アイディア
 素案は、彼女と話し合って、「絵なんだけど立体的なものにしたい」ということだけ決まっていた。僕は、「やはり、紙ねんどじゃろぅ!?」と思っていた。例のごとく、スケッチもロクにしていないが、ファミレスで彼女と話をした時に、「竜の上にお姫さまが乗っている様なものは?」というアイディアが出た。「竜=りゅうた」「お姫さま=彼女」らしい。彼女は、自分の名前の一部に「シラユキ」が入っているので、自分のことを白雪姫だと思っているそうだ。(-。-)y-゜゜゜ヤレヤレ

 余談はこれくらいにして、自分の役割である(?)竜をつくろうと夜中の1時に思った。
 
材料
  材料:紙ねんど 6袋(100円Shopで購入) ← すみなすくん作成の余り

 紙ねんどをいじるのは久しぶりなので、恐る恐るさわってみる。やはり、柔らかすぎる。どねーやって作ろうか???
   
さぁ!作るぞ!!
 ねんどを目の前にして、またしてもフリーズ(かたまった)。竜を作るといっても、竜のかたちをよく観察したことないのでよく分からん。とりあえず、胴体部分を作成するため緑の紙ねんどを棒状にしてみた。「でもまっすぐな竜って見たことないなぁ」と思いつつ、色んな形にかえてみる。

 せっかく立体にするので、躍動感があるほうがいいので、写真の形に決めた。
そして、形を整えていく・・・ここから先は、作業に熱中しているので写真がない!

胴体
   
 問題は顔だ!「人形は顔が命です!」ってCMが関東ローカルだと思うが流れていたのを思い出した。確か「人形の久月」だったと思う。

 おっと!話が横に反れてしまった。(-。-)y-゜゜゜「顔はよく分からんから、資料を集めよう!」と思って、早速ネット調査。「おおー見たことあるような竜がたくさんおる!」何となくイメージが固まった。

 みなさんご存知ですかね?竜は2種類あるんです。まずは、「中国風の龍」です。マンガ日本昔話のオープニングに出てくるやつです。もう1種類は、「西洋風のドラゴン」です。ネバーエンディングストーリーにでてくるファルコンみたいなヤツ(?)。正直、紙ねんどで「中国風の龍」を作るのは無理!!だって、顔のあたりが繊細なんだもん。かといって、西洋風のドラゴンでは躍動感に欠ける・・・。「よし!!折衷案で行こう!!!」
   
 製作中は、熱中している上、独りでの作業なので、写真を撮る暇がなかったズラ。完成品から、頭部の写真を載せるズラ。

 ぶっちゃけ、私は細かい作業が苦手!完成品をよく見ると怪しい箇所が幾つもある。「しかし、これはオブジェではない!Welcome Boardの一部・・・そう!あくまで一部なのである!!!」ということで、またしても妥協した。


頭部
   
  人生は妥協も必要である!誰の言葉だったか・・・身近な人間の言葉のような気がする。とりあえず、完成!作品のサイズが分かるように、ナケナシの100円玉を横に置く。

 完成まで、2時間くらいだったかな?後は乾かして、彼女にバトンタッチするだけ。

でけた!!
   
できあがり後
 早速、できあがりの作品の写真を彼女にメールした。既に3時をまわっているため、反応は明日の夜になろう。写真だけなら、文句は言われまい。さすがに眠くなってきた。

 では、みなさん・・・オヤスミなさい(-_-)zzz